USBマイクの定番Blue Yetiを購入したのでレビュー

Youtuber、ネットストリームが当たり前になってきた昨今、各種デバイスも年々リリースされており放送環境の選択肢も広まったなーと思うわけです。一方で、簡単でそこそこの品質の放送環境を整えたいというニーズも一定数あって、ゲーミングデバイスメーカーなどは面倒なセットアップなく使えるUSB接続のマイクを用意していたりします。高品質なカプセルコンデンサーとしてUSBの電圧レベルで動作するようにしているものが多く、本格的なマイク+アンプの組み合わせには及ばない部分もありますが、それでもなおチープなものよりも音質は良いです。

ということで今回はそんなUSBコンデンサーマイクの草分けともいえるBlue yetiを入手したので開封・レビューしていきます。Blueは最近Logitechに買収されています。

意外とガッシリしている


購入はAmazonにて。USBコンデンサーマイクとしては普通といった値段です。アイコニックなシルバーでもいいのですが、モニター等と色調を合わせるために今回はブラックアウトモデルを入手。
箱が巨大ですが、紙箱に雑然と入っている部分は、まだLogitechの考えられた梱包に及んでいない印象を受けますが、今後は変わっていくのでしょうか?
流石にこの価格帯のマイクということもあって、本体・スタンドの造り、剛性はしっかりしています。あまりにも軽いと余計な振動も発生しやすくなりますし、重いマイクを支えきれないという事になると思いますのでこの点は好印象です。私はスポンジポップガードを追加で購入・装着しています。
サイズ感としてはスタンドに載せたiPhoneよりもはるかに大きく、かなり存在感があります。この点は人を選ぶかもしれませんね。

インターフェース


フロントはマイクミュートボタンとモニター用のボリュームコントロールノブがあるだけです。最近見られる小さい液晶パネルが付いているとかそういうことはありません。
背面は指向性変更のノブ、ゲイン調節ノブが付いています。デスクトップで一人で使う分にはカーディオイドしか使わないのではと思いますが、楽器のレコーディング等にも使える各種パターンが付いているのは良いですね。
インターフェースはシンプルで、USBとモニター用の3.5mmジャックが付いているだけです。USBケーブルは付属しています。マウント用のネジ穴も開いていますので、場合によってはアームマウント等を使うこともできます。
全てが物理ボタンなので古風な印象を受けますが、下手に機能をつけすぎてノイズが乗るのを嫌っているということなのでしょうか。

音質


音質に関しては色々なマイクを比較しているわけではないのでなんとも言えないですが、Logitechのウェブカメラからは大きなアップグレードといったところです。

一応参考にした動画をリンクしておきますが、USBのマイクロコンデンサーなりの音といった感じで、そこはかとないポッドキャスト感が出ます。ハイパスでもかかっているのかというウェブカメラのクリスプな音とは逆に、若干ウォームでダイナミックレンジの広い音になっています。
マイク - キーボード・マウス - 人という順に並んでいる状況で使っていると、キーボード音、マウスクリック音はどちらも若干拾います。これに関しては机に直置きしている以上仕方がないかなと思います。卓上で使えるショックアブソーバーマウントがあればそれを使ってみても良いかなといったところですが、今のところ拾いすぎて気になるというレベルではないのかと考えています。

まとめ


個人的には買ってよかったなといったところです。ごく稀に動画を撮ったりしている身からすると、ウェブカメラのマイク経由だとカチカチ音がして気になっていたこともあって、それがある程度軽減できているのはありがたい感じです。音質もいいので、簡単なレコーディングに使えるのもありがたいですね。そしてなにより特徴的なデザインは所有欲を満たしてくれます。
一方で使っていて感じた点としてはやはり大きいということと、マイクミュートボタンが硬い(というか認識が甘い)点でしょうか。個人的には満足しているのですが、大きさやデザインは人次第な部分もあるかと思います。また、ボイスチャットアプリであればホットキーをアサインすればミュートに関しては問題ないですが、それ以外の状況でとっさにミュートしたい場合、ボタンが使いづらいのは少し残念な点でしょうか。

ふとしたタイミングで入手したBlue Yetiですが、購入して満足のいく製品でした。
ストリーミングやYoutube動画制作を目指す方の、入門マイクから長く使うものとしては十分実用に足るものなのではないでしょうか。

アーカイブ

MAIL

送信