Intelの7nmプロセスについて

The most general possible way to state Moore’s Law is this: computing power tends to approximately double every two years. It gained notoriety because people like laws that let them predict the future of one of the world’s biggest industries, but the very physical basis for this principle means it is slightly different — and less reliable — than many people believe.
TSMCは2018年を目処に7nmプロセスを用意でき,その後2020年には5nmを用意するというがありました.それに応えるようにIntelも次世代プロセッサに関して現状を報告したようです.
Holt said the industry needs to keep a focus on keeping power down and reducing cost per transistor. He reiterated Intel’s claim it has reduced cost per transistor at its 22 and 14nm nodes at a rate slightly better than the industry’s 30% historical trend. That’s despite the fact the cost of developing each new process has risen to 30% in the last few nodes up from a historical trend of 10%.
from EETimes
7nmへの微細化に関して,目下の課題となっているのはコストのようで,通常のプロセス微細化にかかるコストに対して30%以上多くかかっているそうです.リソグラフィをTSMCも採用する極端紫外線リソグラフィとすることによりコストの改善を見込めるようですが,その他の手法も模索していきたいとのこと.また脱-CMOSによる技術革新で更なる集積が可能となれば,大きなブレイクスルーとなるため,引き続きムーアの法則に従った更新を行えるとのことです.

アーカイブ

MAIL

送信