いよいよ時代は1桁へ - TSMCの5nm,7nmプロセスについて

2015年はIntel Skylakeなど14nm/16nmプロセスの製品がPCの市場に登場してきましたが,世界最大のファウンダリとなるTSMCは次の"次の"一手としての5nm,7nmプロセスについて予定を報告したようです.
TSMC will be ready to roll out its 5nm process technology two years after the launch of its 7nm node, according to the pure-play foundry. TSMC expects to start production of 7nm chips in the first half of 2018, said company co-CEO Mark Liu at a recent investors meeting. He did not specify whether the node would be ready for volume production or just risk production.
TSMC also revealed it will be ready to use extreme ultraviolet (EUV) lithography to make 5nm chips. "We've made significant progress with EUV to prepare for its insertion, likely in 5nm," Liu indicated.
from DIGITIMES
7nmチップは二年後の2018年,5nmに関しては更にその二年後の2020年に製造開始を予定しているとのこと.製造に使われる極端紫外線リソグラフィは5nmプロセスチップにも対応させているようです.10nmに関しては2016年の第1四半期に顧客向けのテープアウトが行われる予定で,それが済めばいよいよ市場に出回ってくるとのこと.


いよいよ1桁のプロセスの声が聞こえてきて,10nmの製品も出てきそうということで,パフォーマンスがどの程度向上していくのか楽しみですね.

アーカイブ

MAIL

送信