CPUが曲がる?困ったIntel Skylake CPUの問題について - CPUクーラー事情

某ネットメディアではCPUクーラーだけのレビューを行う連載が有ったりして,カッコいいクーラーを眺めるだけでも心躍ったりします.CPUクーラーが大型化して,重くなっていく一方で最近の薄くなるマザーボードとCPU周りから,CPUクーラーを”over tightening”するとボードごとCPUが破損してしまう事故が発生しうるそうです.

Skylake CPU’s such as the i7-6700K and i5-6600K can get damaged due to strong pressure from some air coolers, German hardware site PCGamesHardware.de reports. This is due to the thinner substrate compared to the previous generation CPUs such as Haswell.

確かに曲がってるし薄い...今回の問題を調査したPCGamesHardwareによれば,CPUクーラーをリリースしている各メーカーもこの問題を認識しているそうで,あの手この手でクーラーを締めすぎないようにネジ周りを工夫しているようです.
This is definitely a big issue and we recommend that you do not to transport or move your Skylake-based system in case you are using some of the heavier CPU coolers on the market, or take the CPU cooler off in case you have to move it.
from fudzilla
当然今回の問題はIntelのものでもなく,CPUクーラーメーカーの問題でもなく,あくまで締めすぎたユーザーの問題となりますが,調査した各社のクーラーでも”発生しうる”とのことです.一度曲げてしまうとどうしようもなく,最悪の場合取り外せなくなる,というより付けたままにしておかざるを得ない状態となってしまいまうため,CPUクーラーは締めすぎないように,ということのようです.

確かにCPUクーラーはどこまで締めていいの変わらない時がある...結構重いし,ずれるのも嫌だしということで思わず締め過ぎがちですが,こういった問題が起こることもあるんだなぁと.自作する際は注意が必要ですね.

アーカイブ

MAIL

送信