モバマス3rdライブを観に行ってきました - 2日目に初参加してみた感想

モバマス,デレマス,THE iDOLM@STER CINDERELLA GIRLSの3rdライブのチケットを当ててしまった友人に連れて行ってもらってきたので,簡単に感想を残しておきたいと思います.

  THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 -Power of Smile–

初参加のアイマスライブがモバマスになろうとは...

参加する流れとか.

アイマスのライブに行きたかった

モバマスそのものははっきり言ってアニメの始まる1年前まで知らなかったというのが正直なところです.ニワカながら本家にはかなり傾倒していたのでライブに行ってみたかったですし,そういう話を友人としていたのですがまだまだ忙しい時期だしそもそも当たらんやろうということで,冗談交じりに"いつか"行こうと言っていた程度でした.しかし今回,モバマスにハマりきってる友人がアニメシンデレラ4巻封入の先行を申し込んだところ,紆余曲折ありながらも当たってしまったということで,それは行くしかなかろうと.

曲を知らなさすぎる

本家のファンであったこともあって,SSAなどのライブでシンデレラの曲に触れてはいたので,メインテーマとなるであろうお願い!シンデレラや各主要キャラの個人曲などは知っていました.1期2期オープニングStar!!,Shine!!などの全体曲や各話でキーとなったユニット曲もある程度なら分かるぞという感じ.とはいえ出演者から見ても一部のキャラに関しては曲を知らない...ということがあったのも事実です.つまり,そこまでモバマスの曲を知らなかったということです.アニメのキャラクターや本家のキャラクターを中心に遊んでいたのが仇となったというのもあると思いますが.

必死の曲チェック

ありがたいことにニコニコ等で3rd予想なる動画を上げている方がいらっしゃったため,それをチェックすることにしました.流石に全く知らないまま参加するのはもったいないと感じていましたし,曲の大体の流れを理解できたのは本当に助かりました.またキモとなるコールも専門のサイトがあることが分かったので,1週間位はずっと眺めている感じでした.それでも正直,全体曲が精一杯でした.多すぎぃ!デレステを遊んでいれば変わったかもしれませんが,音ゲーは苦手なので遊んでいないという...

一抹の不安を覚えながら当日を迎える

私が参加したのは2日目ということもあり,既に1日目のセットリストは出回っていた状況でした.
華々しい舞踏会が開演! 『アイマス シンデレラガールズ』3rdライブday1リポート
from ファミ通 
ヤバイヤバイ...半分くらい知らない曲だゾ?ダイジョウブカナ...と.2日目は人が替わっているので初日のセットリストで誤魔化そうにもそういうわけにも行かず...初アイマスライブにもかかわらずDOKIDOKIよりも不安が先行するという.カエルさんください.

お祭りムードに飲まれていくスタイル

当日のライブ以外の部分.

プロデューサーの香り

開場は15:30でしたが,展示が14:00までだったので当日は13:30分頃に集まることにしました.東京駅から京葉線で行くわけですが,電車内では既に"オレンジ色に発光しそうな怪しげな棒"を袋いっぱいに詰め込んだ人や,キャラクターのシャツをまとった人,タオルを首に巻いた人などチラホラ見かけ,海浜幕張駅は休日を謳歌する家族連れプロデューサーが入り乱れている状況に.改めてライブすなぁと感じるわけです.私は持つものがなかったので手ぶらで言ったのですが,他の方の荷物の多さに少し気圧されつつ...友人と合流しました.

物販は早めが良さそう

物販は金曜日から連日行われており,友人が近所に住んでいたため先に買っていてくれたこともあって,私は物販の列に参加することはありませんでした.13:30の段階でも物販の方向にかなりの人が流れていっていたので,結構混んでいたのではないかなぁと思います.ぴにゃこら太のTシャツ即完売したそうで,いずれにしてもグッズは早めに並んどいたほうが良さそうな印象でした.

展示 a.k.a. 課金城

会場に向かう人の流れから少し逸れて,展示場に向かうことにしました.この段階で13:40くらいでしたでしょうか.展示は終了間際かつぴにゃこら太がいた事もあって,結構混んでいました.
結構デカイ...そして各キャラが並んでいるわけですが,BGMとして流れる曲が一曲終わるごとに幕が下り,コスチュームが変わっていくという仕様でなかなか人が動かない...押しつ押されつ何枚かぱちぱちと.




途中から衣装がライブ仕様に変わってるのはそういうことです.それにしてもクールPが多かったのか,圧倒的に右端が混雑してました.このメンツを考えると致し方ないか...杏Pとしてこの配置はありがたい...しばらくホルホルできそうです.もう一つ目玉としてコラボの決定した江戸切子各フィギュアの展示もあったのですが,そちらも長蛇の列につき諦めました.また機会があればチェックしたいですね.

入場まで意外と時間がある

展示を見て回って,14:10頃だったと思いますが,まだ開場の15:30くらいまで時間があるなぁ,ということで時間をどう潰そうかという話になりました.しかしここに罠が...そもそもこのエリアが周辺地域からの家族連れが多かったという点,そして休日だったこともあり各所レストラン,喫茶店がほぼ満席,それに加えてプロデューサー達...食事をしようという場合は色々と見越して予約必須のようで,経験の差がでるところか...!駅から一旦移動しちゃうのもありかもしれませんね.今回は奇しくもサンマルクに席が開いていたのでそこで軽食を食べつつ過ごしました.近くのコンビニにて水を買い,いざ行かん.

意外とさっくりと入場

東京ドームでのThe Rolling Stonesのライブ入場と比べると意外と入場は早かったなという感じです.関係者のところに4亀の松PP - 松本隆一氏が入っていったような気がするんですが,いらしてたんですかね.会場は暑いくらいに暖房が効いていたため,最早シャツ一枚でも暑いレベル...水を複数買っておいて良かった...

圧倒されるようなムード

会場入りすると座席を探す訳ですが,今回はA8というブロックらしい...ということはチケット情報からも分かっていて,結構前の方みたいね~という話はしていました.しかし...
前過ぎるわ!という.実際列としても相当前の方で,初参加でこの位置とは...友人の引きの良さ...比較的早めに入ったので,まだ空席が目立つ状況だったのですが,それでも既に会場内で流れるBGMに合わせてコールが入ったりしており,すっかり忘れていた曲が分からないという不安を思い出してしまう事態に...それにしてもプロデュンヌを結構見かけ,真様のようなキャラはいないと思うのですが女性人気も高いようですね.というかどちらかと言うとリア充の方でしたが.

そして開演

セットリストなどDetailに関して何がどうだったかは,まとめておきますので専門のメディアさんにお任せしたいと思います.ここではシンデレラ新参Pが幾つかの曲について感じた事を少し.元々ブt...優好きだったこともあって,少し中の人に関することも交じるかもしれません.とはいえ世代がハルヒ時代なので,シンデレラを支えるPOSTハルヒ世代の方々については結構疎いんですが.

  プロデューサーもアイドルも会場全員の“笑顔”が溢れる舞踏会に! 『アイマス シンデレラガールズ』3rdライブday2リポート|ファミ通.com

  二宮飛鳥、 五十嵐響子ら新たなシンデレラたちのCDデビューも発表! 『シンデレラガールズ』3rdLIVE「シンデレラの舞踏会」2日目公演|マイナビ

  TVアニメを再現したステージに歓声が鳴り響く―「アイドルマスター シンデレラガールズ」3rdライブの11月29日公演をレポート|Gamer

  4周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ』、3rdライブで新情報続々発表! セットリストもお届け|animate.TV

  『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会』二日目レポート|KoePota

イントロ

まりえっP場馴れしてるなぁと.どこまで台本だったのかはともかく.キャストの層が厚いなと感心してしまいました.ぴにゃ人気も伺い知れました.更なるグッズ化に期待したいですね.

1曲目 - お願い!シンデレラ

予習した甲斐あってか,分かるぞ!と.プロデューサーたちのコールも成熟した感じで,シンデレラの歴史を感じることができました.SSAのコアメンバーに比べてこれだけ人がいると随分と盛り上がるなと感じましたが,それでいてまとまりを感じたのはある意味で"属性分け"されているおかげなのかなという気がします.

2曲目 - Star!!

分かるぞ分かる...!アニメテーマ曲ですし,正直READY!感がすごい.ある意味でアニメOPを意識した曲といったところでしょうか.アニメを支えたキャストが歌っていることもあって,アイマスの全体曲らしい歌だなぁと改めて思いました.

3曲目 - ススメ☆オトメ 〜jewel parade〜

個人的に気に入っていた曲ながら,早速歌われて嬉しかったです.願わくば大団円的にラストで歌われると良かったですが,2期もあって曲も増えたことですし...この位置も悪くない.コールがないということもあって落ち着いて聞けたのも良かったです.ココらへんから?白馬もといトロッコに乗っていたように思うのですが,松嵜さんの音声が途絶えたりしていたのが少し残念でしたね.というか音声トラブルは結構目立ったように思います.

5曲目 -  Heart Voice with ありす

(不本意ながら?)ユニットを引っ張ってきた杏が少し距離をとった中で,残った二人が奮闘するというCI当番回のユニット曲.切子周りの話を思い出すと少し泣ける...サビがいいですね.コールもなく静かに聞けましたが,ちょろっと入るもんなんですかね?ライブで聞くと別の曲のように感じたのはなんででしょうかね.

6曲目 - ラヴィアンローズ

イエスマムコール知っときたかった...orz
曲そのものをよく知らなかったんですが,コテコテのCuソングでコールも良かったですね.

8曲目 -  き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait! with うづみく

ライブ公演中にパンを食べる人がいるらしい.大坪さん自由すなぁ.

9曲目 -  私色ギフト

17話姉妹回の曲.シャッフルな感じが個人的に気に入っています.ライブで聞けてよかった.パッションながらこういうメローな感じも悪くない,というか意外と合うと思うんですよね.

10曲目&11曲目 - Rockin' Emotion&Twilight Sky

なつきち,だりーのコンビ2曲で1つといった演出をしており,こちらもアニメを思い出す内容に.曲もtypicalなガールズロックですし,中の人も両氏ともノリノリで,ダンス含め非常に完成していたなぁという気がします.Twilight Skyギターソロ最高ですよね.いつか生バンドで演奏されないかなぁ.キャストの方が触れていましたが,ライブハウス感も上手く出ていましたね.

14曲目 - 2nd SIDE

クールゾーンのシメでした.後々に出てくる,強烈なダンスミュージックという感じでもなく,どことなくクールな,爽やかユルい感じ.アップテンポなので縦ノリでいいはずなのに,コールが沢山入る訳でもなく,少し横ノリな雰囲気もあったりして.表現するのが難しい.すごい王道なような気がするんですよね.そこまで聴き込んだわけではなかったんですが,ライブの影響か,なんの影響か,持っていた印象がガラッと変わりました.

15曲目 - Wonder goes on!! with なつなな

このために三宅さん呼んだんでしょうか.席的に生で見え辛かったのが少し残念でしたが,このセクションで一番盛り上がった曲でした.もうちょっと曲の構成覚えていけば良かったなぁと後悔した曲です.年々人が増えていく仕組みとなっている以上,1stNation Blue同様,もう二度とこのメンバーで披露されない可能性もあるわけで.それにしてもメルヘン含め三宅さん見てると若林神重ねてしまうのは私だけでしょうか.

17曲目 - Orange Sapphire

メドレーということもあってか,珍しいメンバーで歌われたなというイメージです.とはいえ盛り上がりは負けず劣らず.後ろの"プロ"プロデューサーグループUOバキバキ折る音に笑ってしまいました.初期は本家ではライブ狙いの曲をそこまで作らなかった,時代的に作らなかったというのもあるのでしょうが,こういうライブ前提UOバキバキの曲も良いですよね.

19曲目 - Angel Breeze

東山奈央天才かよ!と思わず呟いてしまったという.彼女というとお転婆な(死語か)声の高いキャラクターを演じているというイメージが有って(まぁ由比ヶ浜結衣のイメージなんですが),MC含めこういう声出るんだというのはアニメから感じてたとはいえ,キャラ声で歌い通すあたり凄いなぁと.実は曲を殆ど覚えてなくて,最初何かわからなかったんですが.キャラクターの設定を含めて少し年増感...のある曲でいいですよね.

22曲目 - We're the firends!

もう少し曲を勉強して出直してきます...orz
こちらも面白いメンバーで歌っていたような気がするんですが,あえて単一属性で揃えたのは理由があるんでしょうかね.

25曲目 - メッセージ

この曲このメンバーで歌うからこその意味があるのかなぁという気がします.アニメのPVにも使われ,長く歌われてきた曲だからこそ,この人選なのかなぁと.

26曲目 - GOIN'!!!

自分REST@RT枠というとあまりにも乱暴だと思いますが,UO一色でした.アニメのライブ曲で全体曲という事もあってかコールも入れやすく楽しかったです.
Yes! 急上昇↑↑ テンションもエモーションも HeyHey
一体感 流れる奇跡
歌を 歌を 歌を 歌おう
一緒に
この歌詞通りに盛り上がったんじゃないでしょうか.セットリスト見て思ったんですが,ここから福原さんほぼほぼ出てるんですね.タフだなぁ~.

28曲目 - Hotel Moonside

言わずもがな,全員納得のSong of The Dayでしょう.圧巻とはまさにこの事か.一方私は曲は予想動画で聴いたけど,キャラクター出てこなぃ〜という残念な状況になってました.しかしライブオリジナルmixと,バックダンサーの前伴ありで,あまりにも完璧すぎる.感動したというよりも驚いたびっくりしたそんな感じです.アイドルマスターにこういう曲はなかったように感じますし.EDMとしてもかなり完成度の高い曲なんじゃないかなと思います.トランスの強烈な縦ノリに,面妖なダンス会場一体で動くサイリウムバキバキになるUOとか全てが”仕上がって”いました.

  デレマス3rdライブの効果で速水奏「Hotel Moonside」がアマゾン人気ランキング1位!710位から49位に急浮上!|CUPO

30曲目 - Trancing Pulse

Super Cool timeのシメ.Triad Primus人気あるなぁとびっくりしました.MC&スクリーンでも語られていましたが,メンバー揃うのを期待したいですね.

31曲目 - この空の下

ここからバラードが中心となって展開していきます.なぜかギターがカッコいい曲(一応クールだからなんですかね).歌も良かったんですが,そっちが気になって仕方がなかった.LOVE LAIKAと,ある意味で似た状況となったCI当番回の二人を組み合わせたということなのかなぁという風に考えていました.引っ張っていた側引っ張られていた側という感じなのでしょうか.自立組というか。

32曲目 - つぼみ

元々気に入っていた曲ということもあって,唯一席の位置を恨んだ曲です.未央の決意の曲でもありますから,キャストが原さんを中央につぼみを模して配置していたりと,そういった演出がなされていたため感動しっぱなしでした.BDチェック不可避

33曲目 - 心もよう

泣かせにきてるなぁと感じて聴き入ってました.アニメ終盤は卯月の話でもあり,凛の話でもあり,未央の話でもあった訳で,そういう意味でNGSの3人の話でもあった訳です.アニメをなぞるという点からも,卯月が離脱していた頃を表すのにこの曲をこの二人でというところに意味があると思います.

34曲目 - 流れ星キセキ

この曲もギターソロがいいんですよね~.心もようになる曲になるということで,この流れになるのは必須でしょう.大天使ウヅキエルの登場の仕方もよく練られていて,続くS(mil)ING!も踏まえると力の入った演出だったように思います.

36曲目 - 夢色ハーモニー

内田サウンド.イントロも最高で,歌ってるメンバーが手を繋いだり細かいところをみてくと泣ける構成に.シンデレラプロジェクトがバラバラにされる回,また2期始まりの回である団結の曲ながらそこはかとなくエンディング感のある儚い曲だなぁと再認識しました.コール軽めでモニターずっと見てましたが,こちらもBDでしっかり見たいなぁという感じです.

37曲目 - M@GIC☆

アニメだけでなく,ライブ中にもしきりに魔法魔法と言っていましたが,原作(というか元ネタ)のシンデレラのテーマとなるMAGIC.アイドルマスターを通してもが入っている数少ない曲だけに大切にされていきそうだなぁと.アニメを通してやっとデレマスはこの曲にたどり着いたのです.発売から間もないにも関わらずコール最高かよ!という感じでハマってましたね.分かりやすい方なのかな?という気もしますが,歌詞も相まってライブ映えする曲だと感じました.

38曲目 - 夕映えプレゼント

THE iDOLM@STER CINDERELLA GIRLSというコンテンツで聞いた全体曲の中では最も気に入っている曲です.アニメ13話のEDな訳ですが,放送当時聞いてすぐに作曲家を見て納得してしまったのを覚えています.アニメでは魔法のようなライブが終わった後に流れていたということもあって,M@GIC☆と上手く組み合わせてきたなぁとウルウルしていました.ちゃん未央
アイドル,辞めなくてよかった...!
がフラッシュバックしたプロデューサーも多かったんじゃないでしょうか.一日が終わる夕暮れのモニターの演出も良かったですし,歌詞メロディー共に最高でした.コールしたいのにしたくない,しっとり聴きたい気持ち,あると思います.サイリウムも美しすぎた.

39曲目&40曲目 - とどけ!アイドル&お願い!シンデレラ

とどけ!アイドルはサウンドは完全にCHANGE!なんですが,そうも言っていられない部分もあり.熱いコールが入って,スイッチ入ったなぁという雰囲気でしたね.そして色々爆発してたのがお願い!シンデレラでしょうか.ファンもといプロデューサーのパワーを感じた瞬間でした.熱狂.この力がこのコンテンツを支えているんだろうなぁと.

締めの言葉

総じてキャストの方に余り触れられていないのは,"近すぎる"というのがあったとは思います.でも近くてよかったなぁと思えた部分のほうが勿論多くアンコール明けコメントを間近で聞けたのは大きかったです.初参加だった方や,そうでないメンバーでもアニメを終えた後のライブということもあってか,泣いているキャストさんが多かったです.その中でも洲崎さん
美波の言っていた通り,一歩踏み出した先には,こんな素晴らしい景色が広がっていて...
という言葉はアニメでもコアとなっていた部分だっただけに,なかなかグッと来るものが.また,多くの演者さんが劇場版での春香の大演説と同じ事を仰っていて,色々思い出してしまいこちらもウルウルとしていました(黒沢さんを除く).

常務のようにはなれないが...

最後に感想として,ちょっとばかしのポエムを.

4年の間に

黒井:いつからそんなに甘くなったんだ?
高木:甘くなったつもりはないよ.あの子たちを - アイドルを信じているだけさ.
黒井:アイドルと信頼関係だと?バカバカしい.
高木:そうかい?君のところの3人も,あれはあれでなかなかいい子たちじゃないか.もう少しお互い分かり合って...
黒井:大きなお世話だ.お前は何も分かっていない.
高木: あぁ,そうかもしれないな.ただ,若い人たちを信じて,自由にやらせてみるのもいいと思うがねぇ.彼らに気付かされることもある.
黒井:...失礼する...
アニメ アイドルマスター 第21話
ライブに参加してみると,SSAで感じていた"あくまでスピンオフ"感のシンデレラとは最早別物になったのだなぁ,というか全く見当違いをしていたなと感じました.10年(ないしはそれ以上)続いたとしてドームでもライブをやった,偉大過ぎる本家からするとまだまだその半分にも満たないコンテンツなのかもしれません.しかし,その間にも1st2ndライブがあり,アニメもやり,沢山のキャラクターに声もついたということで,成長をしていたわけです.

偉大なる幹から分かれた枝は

P:…城を目指す少女は,何かを願うものです.想いの形はそれぞれに違う.その全てが星のように大切な輝きだと,私は思います.
常務:星?君はその星全てを見い出せるというのか?
P:いいえ.私に見えて常務に見えないこともあれば,その逆もあります.渋谷さんとアナスタシアさんの別の可能性を常務が示されたように.部署という枠に囚われていた私には思いもよらなかった可能性です.
常務:…
P:触発された他のメンバー達もそれぞれの可能性を広げ輝きを増しています.そしてそれも無限にある彼女達の可能性の一つに過ぎないのではないかと.
アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 第25話
どうしてもデレマスはふれあう機会が少なく,こちらから一歩踏み出して知ろうという事をしてこなかった分,今回のライブを観られたことは本当に大きかったなと感じています.必ずしも踏み出す必要はないのかもしれませんが,今回のように思い切ってライブに参加してみると,まだまだ若いながらも,成長したデレマスというコンテンツをより深く知ることができました.アイマスに関してだけではないですが,視点を変えてみるというのは,大事なことなんだなぁと改めて思い知らされるばかりです.

枝が支えるのは

ここにあるきっとこの気持ちの力
だってシンデレラは頑張りやでしょ
ここにあるねえホントの魔法は胸の真ん中光っている
from M@GIC☆
五十嵐さんの最後のコメントに涙した人も多いのではないでしょうか.4年経った今このコンテンツを支えた全ての人々の努力があってこそなんだろうな〜と思うのです.課金も含め応援してきたプロデューサーも勿論ですが,キャストの方が色々イベントされたりというのも大きかったんじゃないかなぁと.

一通りの曲をチェックする流れから,ちょっとキャストのことも知っておこうということでラジオか何かで聞いたのだったと思いますが,これまでは曲が足りず本家のカバーをしたり,トークを増やしたりライブを開催するにも苦労をする部分(カバーを悪いと言っているわけではありません)があった,という旨の話をされていたのを覚えています.そういう意味で,本家と同じことをやっているなとも思っていて.初期の765若林神が振り付けを考えてレッスンしていたというエピソードは有名だと思うのですが,それはこのエピソードにも通ずるものがあるのではないかなと.だからこそ,M@GICに入っている意味があり,この歌詞があるのだろうなという気もします.

枝を支えるのは

デレマスライブ初参加でかつアイマスライブも初参加だったことから,散々観てきたライブ映像"これからも,アイマスですよアイマス"という掛け声を生で聞いたのは衝撃でした.あ,これやってるんだ,と.中村さんだけの言葉じゃないんだ,と.
部長:ここで見ていたんだね.
常務: ---偶には城を出て,星を見上げるのも悪くないと思ったものですから.
 アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 第25話
Orange Sapphireキラメキラリを重ねてしまったり,三宅さん若林神を重ねてしまったり,キャストコメント春香を重ねてしまったり.私の思ってきたアイドルマスターというものがちゃんとシンデレラにもあったんだと気付けたライブだったと思っています.

この木の伸びる先は

この道の向こう 進んだ先は
どんな未来が あるのだろう
その未来を確かめるため 歩いていくよ

そうだ始まりは 小っちゃい希望なんだ
どこへ進んでも その軌跡は力になる
なんでも始まりは 上手にできないもの
何度も迷っては 見つけていく 本当の道
from アイ MUST GO!
本家から伸びた新たな枝の一つであるシンデレラガールズもここまできたのだと強く訴えかけられたようなライブでした.新たにキャラクターに声もあてられ,まだまだアニメのBDも出て行くわけですし,当然ゲームも続いていくであろうことを考えると4thも楽しみにせざるを得ないですね.

最後に

ポエムにならなかったポエムを終えて.

改めて曲を聴いてみると

ライブを終えてセットリストを眺めながら,改めて曲を聴いて,アニメを観ていたのですが,ちゃんとアイドルマスターやなぁと感じていて,どうしてこのことに気づかなかったのかと後悔しています.どの曲も個性豊かで,キャラクターがちゃんと居るではないかと.聴き足りなくなってくるくらいです.

中毒というわけではないまでも

聴き足りないという点からは,リベンジと言わないまでも,もう一度ちゃんと曲を知った上でライブで盛り上がってみたいなぁという気持ちは強いです.2日目で聴けなかった曲や,未参加の方の曲,特に小鳥さん - もとい樹里きちを重ねざるを得ない薄荷 - ハッカなどまだまだあるということで,色々とライブで聴いてみたいというのもあります.

素晴らしきプロデューサーたち

ラストのお願い!シンデレラでの,圧倒的な熱狂に感動してしまいました.熱心にコールをして,声援を送り,老若男女問わず,飛び跳ねて楽しそうにしているプロデューサーの姿を見て,あぁこのコンテンツを支えるのはやはりこれだなと思うわけです.初参加で,曲をそこまで知らなかったにも関わらず”それなりに行けたのでは?”と思うのが周囲の”プロ”の存在で,コールを先導をしてくれたり,いち早くライトの色を変えたりと楽しむ上で助けられた部分は多かったです.

ありがとう,友よ

今回これだけ熱くなれたのも,連れて行ってくれた友人おかげです.デレマスを教えてくれたのも勿論ですが.同じコンテンツ,ましてライブで一緒に熱くなれる友人なんてそうそうできないものだなと思いますし,素敵な出会い感謝しなければならないですね.

ブログが終わらない

他にもまだまだ書きたいなぁという気がするのですが,それではいつまでも終わらないので最後にアイマスのライブを楽しむのに必要なのは何かな,と気付いた範囲で残しておきます.

一緒に盛り上がれる仲間

熱い友人でもいいですし,何かのコミュニティメンバーでもいいと思いますが,折角ですから語り合える仲間が居るといいと思います.周囲に居合わせた人でもいいでしょう.

愛する心,もとい予習

これを蔑ろにしてしまったために,今回後悔していることが多いです.予習は必要か?と言われれば必須ではないが,100%楽しむのならしたほうが良い,と答えると思います.曲は知っといたほうがいいです.コールはいいです.

愛を表現する道具,もといサイリウム,グッズ

私がニワカであるということにいち早く気づいてくれた友人は今回,キングブレードを持ってきてくれました.上でも書きましたが,荷物を一切持って行かなかった私は確かに会場内身軽で,それはそれは良かったのですが,キンブレがなければ迸るパトスという名の想いを届けられなかったなと思います.色がどうとか,振り方がどうとかは正直どうでもいいと思います.UOが売れる理由も分かったような気もしますが,いずれにしても,光物(魚を除く)を携え,衣類をしっかりするというのは一つ大事なのではないかと.

愛を保つ成分,もとい水分

これは幕張メッセだけの問題かもしれませんが,正直暑かったです.まして声も出すのでペットボトル2本程度にはあったほうがいいと思います.今回は5時間で1L飲みきっていますし,夏場ではもっと必要なんじゃないでしょうか.

そろそろ魔法も切れる頃合いか...

書いているのはただ一つ.
デレマス3rdライブ,シンデレラの舞踏会,最高だった...
アイマスのライブもっと行きたい...
ということです.

拙い駄文&長文になってしまい失礼しました.

アーカイブ

MAIL

送信