PCが子どもたちのゲーミングプラットフォームではなくなりつつあるらしい

Gamespotより,少し興味を引いた記事を引用します.
The NPD Group on Wednesday released the results of its "Kids and Gaming 2015" report that offers insight into what platforms children ages 2-17 play the most. As it turns out, the PC is no longer the top platform.
from GameSpot 
2-17歳の間の"KIDs"達は最早PCでゲームを遊んでいないようです.ソースによると2013年の調査では,ゲーミングデバイスとして67%あったPCのシェアは2015年で45%まで落ち込み,逆にモバイルデバイスが63%のシェアを占めるようになったようです.この傾向は年齢により異なるようですが,いわゆるPSvitaやNintendo3DSのようなモバイルゲーム機でも同様の落ち込みが見られるそうです.そのためモバイルデバイスのシェアは縮小するように見られますが,その逆でシェアは大幅に増えている.そんな今回の上昇の主な要因として,スマートフォンの登場を挙げています.他のどのデバイスに対しても圧倒的に利用率が高いようで,子どもたちはスマートフォンでゲームを遊ぶようになっているとのこと.これによりゲームにかける時間及び金額も上昇しているらしく,市場の規模が増大していくことが予想されます.

2-17歳の中でも,中高生前後の14-17歳あたりでは大分PCゲームのシェアが増えそうな気もするのですが,確かに必ずしも遊べる環境が整っているとも限らない.そうなってくると,ダウンロードさえできれば必ず遊べるモバイルゲームは強いといえば強いのかもしれませんね.

アーカイブ

MAIL

送信