ゲーミングイヤホンはちゃんとゲーミングイヤホンだった - XROUND AERO XRD-XA01をレビュー

ゲーミングとつければ何でも物が売れていく時代.

逆に言うとちゃんとしたゲーミンググレードとして使えるものに出会うのに苦労するとも言えます.

マウスに次いで,オーディオもなかなか色々なキワモノが出ている状況で,ピンキリな市場になっていると思います.

モバイルでのゲーム環境が増えるにつれ,イヤホンも市場に出てくるようになりました.

そんななかで台湾から興味深いイヤホンが出てきたので購入して少しレビューしてみます.


XROUNDというベンチャーが作っている製品となります.パッケージはシックでゲーミング感はそこまでありません.そもそもゲーミング設定も後付してきた感じはありますが,いずれにしても音作りを気にしている人達が作っているというのはありがたいです.


少し大きめのキャリーケース付きで,この価格帯の製品にしては付属品もきちんとしている印象です.個人的にこの説明書の入れ方が気に入っていて,賢いなと思いました.他のメーカーも真似してほしい.


本体はやや小ぶりなデザインです.接続がMMCXで交換可能ということもなく.作りはシンプルだと思います.イヤーチップの軸が黄色で,外側が灰色なので透過したときにオレンジがかって見えます.


コネクタは4極で,モバイルを意識した感じですね.マイクも付いているのでこの仕様は悪くないかと思います.


ミュートスイッチ付きのマイクはありがたいですね.願わくばオーディオのコントローラーもついていると,といったところですが主眼はそこではないので問題はないかと思います(一応単一のボタンでも操作可能).マイクもこだわっているとのことで,ゲーミングイヤホンとしてボイスチャットまで想定していていいですね.


ホディはアルミ製で,メタルハウジングらしい音を出します.本体のグリルは独特の形をしています.音の抜けの良さに気を使っているとのことで,ここらへんの設計はこだわっていそうです.実際聞いてみても,籠もり感を殆ど感じないので,意味のあるデザインということなのでしょう.


やや短めのイヤーチップで,この設計も意味がありそうです.本体が小さいので多少短くても特に装着上の問題はありませんでした.


面白いのはイヤーチップが2種類付属することです.硬さの違うイヤーチップで,オレンジのほうが結構低音が出るイメージです.ブーミーというわけではないのですが,若干ボケた感じの音になってしまったので,黒色を使っています.イヤーチップ交換の楽しさを知れるのはいいですね.サイズ的に互換性はありそうなので,自分の好みがあればそれを使うのもありでしょう.


ケースもしっかりしています.そこそこの大きさなので,本体以外にも小物を入れられそうです.モバイル用品なのでアダプターとかを入れる想定なんでしょうか?

半信半疑で使ってみる

デザインはそこそこ,空気力学という理論はバッチリなものの,実際に聞いてみないと分からないのがオーディオの面白いところ.

疑いながら聞いてみましたが,驚きました.

箱出しで結構いい音で鳴るのです.

低音も低いところからそこそこ締まった音で出ていますし,高音も伸びよく出ている感じ.最近の1万以下の機種もここまでやれるということなのか,コスパがいいのかは兎も角,実用に耐えうるレベルの音が出ていると思います.音楽もそこそこいけます.


そしてゲームは黒い軸のほうがいいですね.迫力をどうしても求めるというケース以外では,足音や各所での音の位置という点から黄色の軸よりは黒のほうがハッキリとしています.音場も広すぎず狭すぎず,定位もいいので使いやすいです.また背面のグリルから音が出ているのかはわかりませんが,強い密閉感もなく長時間の装着でも苦にならないのはゲーミングイヤホンとしてメリットかと思います.


1万前後という価格として全然ありな音をしていると思います.謳い文句や各種レビュー通りの音楽もゲームもいけるという非常に取り回しがしやすい製品になっていて,軽く使うには丁度いいと思います.

アーカイブ

MAIL

送信